DIYCITYトップ画面へ TOPへ  
木材
金物/素材
工具
塗料/補修材
住宅設備
エクステリア
ホビー/作家
海外直販
本/DVD
アウトレット

 

アメリカのホームセンター商品 / ロサンゼルスから直送でお届け

 

監修

■山田 芳照
DIYCITY代表
DIYアドバイザー
ホームセンター達人
DIYプロダクション代表

<プロフィール>

テレビ番組出演も多くDIYブームの仕掛け人として活躍している。DIYに関する出版も多数。また、イベントなどでの講師経験も豊富。2011年にDIY女子部を立ち上げた。

 ハンドルをはずして蛇口の細かい部分をきれいに

 洗面台に、2つのプラスチックハンドルがついた湯水混合栓がついている場合、ハンドルの内側に汚れがつくことがあります。またハンドルのすぐ下の部分も汚れを落としにくくて困ります。

 そんな場合は、ハンドルをはずしてしまえば簡単に掃除ができるのですが、はずし方がわからない、あるいは、はずすなんて考えてみたこともないというかたが多いのではないでしょうか。

 実は、プスチックハンドルの上についている赤や青のカラーキャップを、ごく小さいマイナスドライバーか、キリのような先のとがったものでこじ起こせば、はずれるようになっています。(図1)

 カラーキャップを取ると、内側にネジがあるのでドライバーでネジを取りはずします。初めてのときは、かなりかたい場合があるので、ネジのサイズに合ったドライバーでグッと力を入れて回すとはずれます。プラスネジの場合は、大きいドライバー(2番)を使いましょう。小さいドライバー(1番)を使うと、ネジ山をつぶすことがあります。(図2)

 ネジがはずれれば、ハンドルは上に引き抜けるので、ハンドルの内側の汚れは、洗ったり拭いたりして、ハンドルの下もクリームクレンザーと歯ブラシ、ストッキングなどですっきり汚れを落としてから、元どおりにハンドルを取りつけます。(図3)


 化粧洗面台の鏡についたハミガキの飛び散り

 洗面台の鏡は、いつのまにかハミガキが飛び散って、汚くなることが多いものです。

そんなときは、ストッキングをまるめたものか、手づくりのストッキングスポンジ、アクリルたわしを湿らせて、クルクルとこすれば、ほとんどきれいになります。

 最後にから拭きをします。タオルでもOKですが、キッチンタオルやティッシュペーパーで水分を取ると、ケバが立たないので、簡単にきれいになります。




 

Copyright (C) 1997 DIY CITY All Rights Reserved. Designed by Dyna City Corporation